観葉植物 プミラ 風水

観葉植物フィカス・プミラの風水での意味は?

風水において、観葉植物は良い気を呼びこむには欠かせないアイテムとなっています。また、置き場所によってもそれらの性質は変わります。部屋の気を有効に活用するためにも風水の基本的な知識があるといいですね。

 

観葉植物の葉の形、成長の仕方は風水で意味があるものとされています。それぞれ見てみましょう。

 

鋭い葉持つ植物

鋭い葉を持つ植物は、気をとがらせる性質があります。気を落ち着かせるための寝室やベッドの近くに置くのは控え書斎や仕事部屋などに置くと集中力が増加するので良いでしょう。

 

丸い葉を持つ植物

丸い葉を持つ植物は気持ちを落ち着かせる性質が有ります。ですから、リビングや寝室などに置くとリラックス効果を期待できるでしょう。

 

葉が上に成長する植物

葉が上向きに成長する植物は、風水的に陽の性質が有ります。この声質は活発に気を発するので、アクティブに活動したいときにそばにおいておくと良いですね。

 

葉が下に成長する植物

逆に葉が下向きに成長する植物は、風水的に陰の性質を持っています。この植物は気を静める効果があり、落ち着きたいときそばに置くとよいでしょう。

 

フィカス・プミラの風水的な意味

 

以上を踏まえると、フィカス・プミラの風水的にはリラックス効果をもたらすものとなりますね。落ち着ける場所においておくことが良いかもしれません。プミラ自体も日陰で十分育つのも特徴です。

 

また、ほかにも「人間関係や恋愛のもつれをほぐし、人との輪を広げる」というような意味があるそうです。

スポンサードリンク